キャッシングやカードローンで希望額借入できない理由 

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを利用して
お金を借りようと思ったときに、自分の希望する額が借りられない
といった事態に直面してしまうケースが少なからずあります。

希望額借入できない理由としては、その消費者金融のキャッシングや
銀行のカードローンを利用してからまだ日が浅いということが考えられます。
特に消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンでは
融資を受ける際に担保や保証人を必要とせず、
利用者の信用力に対して融資を行っています。

利用実績を重ねることで

利用者の信用力を判断するための材料としては年収がありますが、
その他の判断材料としてキャッシングやカードローンの利用実績があります。

キャッシングやカードローンを利用した際には決められた期日までに
返済を行うのが当たり前のことですが、
一度でも返済に遅れるようなことがあった場合、
利用者の信用力に大きな傷が付くことになってしまうのです。
その傷が希望額借入できない理由となってしまうのです。

ただし、返済を滞りなくきちんとし続けることで
利用可能額の上限は上げることが可能です。

総量規制による制限

また、希望額借入できない理由として考えられるものとしては、
総量規制の問題があります。
総量規制は消費者金融や信販会社の融資が対象になっていますが、
この規制では利用者の年収によって借入の額が変わってきます。

総量規制では利用者の年収の3分の1までの範囲内での融資が認められていますが、
すでにその金額に達している人の場合、
総量規制が希望額借入できない理由となってしまうのです。